ジェイムズ・ハドリー・チェイスフリーク集まれ!


来歴・人物

18歳で書店の店員をはじめ、出版、製本、販売関係の仕事をして、その経験からアメリカ・ギャング小説の需要が多いのを知り、それに応えるべく作家になる決意をする。アメリカのスラング辞典を買って1938年、六週間で『ミス・ブランディッシの蘭(No Orchids for Miss Blandish)』を書き上げ、翌年、ロンドンのジャロルド社から刊行される。この作品はセンセーションを巻き起こし、後にアメリカ、フランス、ドイツ、スペイン、ノルウェー、スウェーデン、デンマーク、フィンランド、カナダ、日本、南米、ソ連で相次いで出版され、総発行部数、二百万部を超す大ベストセラーとなった。映画化もされ、芝居になりロンドンのウェスト・エンドで一年以上のロングランともなり、チェイスは作家に専念することになる。しかしこの処女作は第二次世界大戦下のイギリスに激しい賛否両論を巻き起こすことになる。小説に救いのないこと、作中のギャングの凄惨なリンチ、その他様々な場面などが問題となり、当局から発売停止の処分を受けることになるが、チェイスはこの作品によってハードボイルドのスタイルとその技巧をイギリスにもたらした最初の作家となった。小説の主人公がウィリアム・フォークナーの『サンクチュアリ』の影響を受けた性格像であると言われ、チェイスは『大衆のフォークナー』と称えられる。「大衆がそれを望み、愛しているので、私は彼らにセックスと暴力を売る、ただそれだけのことです。私は商業作家に過ぎません。」とチェイスは言い切っているが、文豪、ジョージ・オーウェルは、この作品について「無教養な三文文士が書くようなものではなく、一語の無駄もなければ、どこを探しても耳障りな雑音もない、見事な文章の作品」[2]と絶賛し、他の評論家などにも次々と取り上げられた。発売停止後、1942年に改訂版が出され問題の個所が緩和されることになる。初版本は絶版になって本国イギリスでも寄こう本になって手に入りにくくなっており、日本でも創元社から出ている訳は改訂版によっている。
その後、チェイスはイギリス空軍に入るが、一年もたたないうちに空軍大尉に任官され、空軍部門の部外秘文書である英国空軍誌の編集責任者となったが、軍務の傍らにも次々に作品を執筆して人気を高め、終戦近くにはベストセラー作家としての位置を確立し、戦後はとくにフランスで大評判となり、おもにガリマール出版社から出版された。そしてチェイスはバッキンガムシャーの農場で長年暮らしてきたが、イギリスの天候を嫌って1956年、南仏、カップダイユに移住することになる。その後、単調な海辺暮らしに飽き、1963年以降はパリ、セーヌ川沿いの高級アパートの最上階に移る。しかし、フランス語で作品を書いてるわけではない。妻はロシアの指揮者、アルベール・コーテスの秘書を務めたことのあるシルヴィアという才媛で二人の間には息子が一人いる。
『世界をおれのポケットに(The world in my pocket)』が映画化された後、そっくりそのまま、犯行の手口を真似た犯罪が現実にサンフランシスコで起こったことがあったが、チェイスは「犯人たちが一割の礼金もよこさなかったのは残念だ。」とシカゴ・トリビューン紙で語ったという。
ペンネームをいくつか使い分けており、レイモンド・マーシャル、アンブローズ・グラント、ジェームズ・L・ドチャーティなどがある。
好みの作家にグレアム・グリーン、アレクサンドル・デュマを、影響を受けた作家にはアーネスト・ヘミングウェイ、ダシール・ハメット、レイモンド・チャンドラーを上げている。
趣味の一つに旅行をあげているが、世界各国を訪れるたびに、その国を舞台にした小説を必ず書いている。アメリカの暗黒街や地方都市を背景にした作品も多いが、「アメリカはあまり好きではない。好きなのは自分の本の中のアメリカだ。」と語っている。
生涯に90作以上の作品を書いた。1985年2月6日没。

  • 最終更新:2015-05-08 22:59:47

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード